FC2ブログ
SKATENOTE: スケートボードとサーフィンな日々 since2004
これがないと始まらない!"スケートボードとサーフィン"についての話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーリーのコツ、再び。
08092601

最近のテーマはやっぱりオーリーで、
パークへ行っても、一通り滑るとオーリーの練習をしている。
滑りながら、目標地点で跳ぶということが
いかに難しいか。
前々回に書いたように、まだシミとか線とかを超えているのだけれど
高さがないものでもタイミングをあわせるのが本当につらい。
目標がない場合は、なんとなく跳べることが多いが。。。
息子に言わせると、直前で跳べば良い、らしいが
そんなにうまくは行きませんよ、オーリーは。

というわけで、日々研究にあけくれていたところ、
youtubeの動画の中でオーリーを取り上げているもので
参考になる仕草があった。

それは置いてあるボードの
リアを片足ではじいて、ボードをポンっと
飛ばしているもので、
右足ではじいて、左手であがってきたフロントを
押さえこんで、リアもあがってくるというムービ。
ただ練習の途中カットでそういったものがあったのだけれど、
もしかして「これ!!」かもしれないと食いついた。

よく教則本にリアのエッジ部分を、
親指の付け根で蹴りなさいと書いてあるが、
そこを親指の付け根で蹴るのって結構難しい。
ただでさえ不安定なのに、
点で蹴っていくなんてつらいので
ついついべた足になっていき、
結局とべない悪循環におちいっていたことが
はっきりと今日の練習でわかった。

というのも、先の動画で、パンパンと
板を右足ではじいて、これがボードが
すごい浮いているのである。
たしかに、止まってボードを手に取るときに
リアはじいて立ち上がらせるけれども、
そんな勢いではなく、完全に空中に飛んでいるのである。

うーん、オーリーって、空飛ぶ技だから、
「はじくことによって、板が空飛ぶと、
それだけオーリー高く、遠くへ跳べるはずだ!!!」
ということに気がつく。
結構重要なポイント、コツであるはずだ!!!!ということで、
昨晩は徹夜ということもあり、
ゆっくり会社いけばよいと昼前から
街なかをゆっくりプッシュで練習できそうな場所を物色。
雨あがりで、少し風もふいて、なかなかいい感じで、
ああ、引っ越してよかったなぁと思う。
色々まわってみるが、夜でも練習するところが少ないのに
昼はやっぱりなかなかやれそうなとこがなく、
結構プッシュでうろつき、
それはそれで散歩みたいなもので楽しい。

結局、最後は河原までおりて、雨上がりで水かさが増えて
しぶきをあげている川ベリで練習してきた。
で、今回のテーマの「オーリーのこつ」とは、
『ちゃんと蹴って、ボードがかってに飛んでいくようにすること』
である。もう勝手にとんでいけよ板!な感じである。
とはいっても、それができないから跳べないんじゃないか
という声が聞こえてきそうですが、
これの「練習法」があります。

それは、youtubeでやってたように、
ボードをおいて、右足だけで、リアをはじいて
どこまでボードが跳ぶか?どんだけ高く、遠くへ
ボードがどうはじけば跳ぶか?やってみればよいのである。
非常に簡単な練習であります。
はじめは、いろんな方向にとんだりするのであるが、
ある程度はじいていると、これにもはじき方があるのが
おのずとわかってくるので、
だんだん飛ばし具合がうまくなってきます。
で、あと、どこをどんな風にはじくのがよいか
これのはじき方のイメージが重要だと気づきがあったので
お知らせすると、
ボードのエッジを真上からはじくというよりも、
リア側からフロントにむけて、斜めにさすように
はじくのが一番よくボードが飛ぶ。

これもよく本に載っているのが、
真下に蹴り込みなさい、とか、後ろにむかって蹴ると、
前足が食いつきやすいとか、
書かれていることが多い。
これらも、それぞれ一理あるとは思うが
今日の僕の練習でつかんだところから言うと、
後ろから前にむかって斜めしたに蹴る!!このイメージにつきる。
こうすればリアのエッジを確実にけることになるし、
かつ点でボードと接地することにより、
蹴るというよりも、「はじく」という動きに
近づくこともできると思う。
ちょっと、言葉による説明では分かりずらいかもしれないので
図式で説明したいと思う。



08092602

こんな感じである。
まず、ボードにのらずに、このイメージで
ボードをけってみてほしい。
この蹴りだと、結構前にボードが飛んでゆく。
こんだけ前に飛ぶなら、オーリーのキョリがのびるのではと
思わせるぐらい、前に飛ぶ。
もちろん、高さもでるので、食いつきも問題ないと思う。
ぜひ、前に向かって、びゅんびゅん板を飛ばせるようになったら
載ってみてはじいてみてください。
今までの、蹴り込み方はなんて、へなちょこだったのか、
こんな蹴りだから、そりゃ飛べないよなぁというぐらい
クリスピーに板がはねてくれること請け合いです。

是非、この機会に是非とも「オーリーのこつ、再び」をお試しください。
keep skating!!


テーマ:スケートボード - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://skatenote.blog9.fc2.com/tb.php/73-dfa0c7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skatenote

  • Author:skatenote
  • skatehistory:12years
    homespot:,kyoto , osaka , takahama
    vice:no skate no life
    keep surfing!

    skatenote@yahoo.co.jp



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。